茶季 EAT PLAY WORKS 広尾 に実際に行った感想。ディスプレイやメニューの写真もご紹介。

レストラン

EAT PLAY WORKS に入ると真っ先に目に入ってくるお店で、フルーツが豪華にディスプレイされていてテンションが上がります。
ただ、このお店の存在のためなのか、EAT PLAY WORKSがお惣菜屋さんと勘違いしている知り合いが何人かいました(^^;

フルーツサンド、控えめにいっても高い価格設定です。詳細は後半で。

お茶はフルーツティーが700円、普通の紅茶は400円です。
ただ、普通の紅茶頼む人いるんですかね?笑

脱線しますが、ゴンチャでタピオカ無しのお茶飲む人いるのかなぁっていつも思うのと同じ気持ちです笑

クリックで拡大できます
スポンサーリンク

ごろごろミックスフルーツティー 800円

思った以上にフルーツが詰まっていてびっくりしました!
フルーツの紅茶漬けと言った方が正しい表現な気が笑

フルーツを楽しみたいなら、フルーツサンドよりこっちかなとも思ったのですが、どうですかね。
あとは価格の捉え方は人それぞれですが、どうでしょうか。
個人的には、感動とか面白さ、アイディアは感じなかったので、単にちょっと割高だなという感想でした。
例えば、ほとん同じ価格のJUJU THE Juiceですが、店内の面白さ、レシピや面白さがあるので、納得感があります。

フルーツサンド ミックス 750円

フルーツを横配置しているので、分厚く作ってあるのですが、実際は奥行きは無いので、フルーツは少ないです。巨峰を縦に切った薄さを想像してください。

残りの厚みは生クリームがぎっしり詰まっているので、生クリームを楽しみたいならいいのですが、フルーツサンドなので、フルーツもう少し入って欲しいなと思いました。

それを踏まえ、価格は割高と感じました。
例えば、千疋屋のフルーツサンドは1,296円(税込)です。これは2個入っています。そのため1個単価は648円(税込)です。
茶季は750円の8%で、810円(税込)換算になるので、25%高いです。
千疋屋のフルーツサンドは厚みは薄いですが、フルーツはもっとぎっしり入っています。
といったことを食べながら考えてしまったというのが正直な感想になります。

全体的にネガティブな内容になってしまいましたが、決してまずかったとか不愉快な思いをしたと言うわけではなく、単純にコスパ悪いなという感想ということになります。

店内の雰囲気がいいとか、プラスアルファの要素があればいいのですが、EAT PLAY WORKSの雑多な雰囲気はまったりお茶をすると言う感じでは無いので、その辺りもコスパ悪く感じた要因かもしれません。

店舗情報

茶季 広尾
東京都渋谷区広尾5-4-16 EAT PLAY WORKS 1F
茶季 | THE RESTAURANT | 広尾
日本屈指のティーマイスターがプロデュースする大人のティーラウンジ

コメント

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました