巴裡 小川軒 新橋・目黒(OGAWAKEN)

3.0
ショップ

これぞ港区の洋菓子店という感じがします。
新橋の寂れたビルの1Fにひっそりとある感じの店舗ですが、ひっきりなしにお客さんがやってきてはレイズン・ウィッチを買っていきます。

このお店(小川軒の元となるお店)が開業したの明治38 年(1905 年)はまだ東京駅はなく、新橋駅が鉄道の中心地だったということを考えると、その頃はずいぶんお店の見え方も違っていたのかなと思います。昔の人ほど小川軒を一目置いている感じを受けます。

シンプルで値段も安く、美味しい、という老舗らしい洋菓子屋さんだと思います。

スポンサーリンク

レイズン・ウィッチ

バターサンドというと六花亭のマルセイバターサンドが有名で私も大好きですが、小川軒のレイズン・ウィッチはそれとは全く違う、大人っぽい味がするように感じます。
小川軒も今更この味を変えられないでしょうし、変える気もないと思いますし、なんというか、巴裡 小川軒のレイズン・ウィッチという食べ物なんだろうな、と思います(何を言いたいのかが自分でもわからない笑)

スポンサーリンク

小川軒ロール 324円(税込)

すごく丁寧なスポンジにカスタードクリームと生クリームの組み合わせが美味しい

いちごのショートケーキ 540円(税込)

苺が綺麗にカットして挟まれていて綺麗で豪華。イチゴの量も多いです。
飾りっけはないけど、シンプルで良い感じ。

スポンサーリンク

ガトーマルジョレーヌ 486円(税込)

いわゆる伝統ケーキ。ダックワーズみたいなケーキで、軽い食感で美味しい。
同じケーキなのに、前にオークラで食べたのとは随分違うなぁと思いました。

サバラン 486円(税込)

しっかりブランデーが効いていて美味しいです。サバラン好きなのであると選んじゃいます。

栗パイ 税込432円

栗がゴロンと入ったシンプルなお菓子。小川軒ならではな感じがします。

店舗情報 / 新橋店

全く知らなかったら入らない、知っていても入るのに少し勇気が入りそうな外観です。

地下から回る方が行きやすいと思います。
階段を上がって1Fにあります。

巴裡 小川軒 新橋店
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1 号館1階(第一京浜側)
03-3571-7500

コメント

タイトルとURLをコピーしました