ル カフェ ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店

レストラン

虎ノ門ヒルズのビジネスタワーに2020年6月にオープンした、カフェスタイルのロブション(LE CAFÉ LA BOUTIQUE de Joël Robuchon)です。
ロブション、、といっていいのかわからない簡易的なお店ですが、限定商品があったりと見逃せないお店だったりします。

スポンサーリンク

虎のサンド~タンドリーチキンとグリル野菜~ 972円

このお店といったらこのサンドイッチですよね、という看板商品。
こういう看板商品をちゃんと作るあたり、企画が上手だなぁと思います。
しっかりと箱に入っています。

虎ノ門ヒルズなので、「虎」で尻尾をイメージしたスポイトにはカレー風味のソースが入っています。
竹墨とサフランでシマシマを表現しているのだそうです。
恵比寿のロブションでも竹炭を使ったシマシマのパンがあって、その流れでできたパンだとか。

頭の部分はよく見ると切れ目があって、耳が表現されています。
これも色々試行錯誤した結果、このスタイルが可愛いということで決まったそうです笑

感想ですが、見た目通りのカレー風味です。具沢山でボリューミーで食べ応えがあります。ホットサンドやパニーニというより、コッペパン風味なので、パンも厚めなのでその点は好みが分かれるかも。
お惣菜パンとしては圧倒的な美味しさと思うけど、価格も圧倒的なので、相応かなぁという感じでしょうか。

スポンサーリンク

ウニと海老のゴーフレット 518円

ロブションのレストランのアミューズをサンドイッチにしたということで、本当にアミューズを食べているようです。ただ、一人で1個食べたらちょっと飽きるかもしれません。
アミューズは一口だからいいのかもと少し思いました笑
とはいえ、美味しいことは間違いないですし、500円ならいいかも。
テイクアウトでもしっかり美味しく食べられました。

スポンサーリンク

玉ねぎのスープ 500円(セットだと+350円)

スープセットというのがあって、この日は玉ねぎのスープがセットでした。

500円の価値はあるかというと微妙かと。。
セットで350円ならアリかもしれません。ただ、期待せず、という前提です。
この価格なら、同じビルの地下にあるスープストックでスープ食べた方が満足感は何倍も高いです。当然かもしれませんが・・。

店内雰囲気

コーヒーが400円で飲めるカフェとして考えたら、カウンターは雰囲気も悪く無いですし、アリな気がします。
冒頭でも書きましたが、これがロブションなのか正直よくわからないですが、虎ノ門界隈、虎ノ門ヒルズ界隈でお茶をするお店としては選択肢としてありかと思います。

食べ物は、ロブションが好きな人ならば、という感じでしょうか。
そうで無いのならば、素直に上の階の虎ノ門横丁なり、下の階のレストラン街で食事をされた方がいいのではないかと思います。

メニュー

公式サイトに全てPDFで掲載されています。

ル カフェ ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店 | SHOP LIST|店舗一覧 | Joel Robuchon ジョエル・ロブション
ジョエル・ロブションの料理哲学はそのままに、カフェならではのガレットやサンドイッチをイートイン、テイクアウトで気軽にお愉しみいただけます。また、焼き菓子をはじめとするギフトも種類も豊富にご用意。シーンに合った商品をお選びいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました