ELEZO GATE は虎ノ門横丁にあるけどガチレストラン。優雅に過ごす空間。

レストラン

鹿肉を中心としたジビエ料理のお店です。店内は虎ノ門横丁とは思えないしっかりした作りで、ランチ時でもゆっくり美味しく食事を楽しむことができます。

ジビエが苦手な人でも楽しめると思うくらい美味しいのですが、ジビエ感が0ではないので、極度に苦手な人は難しいかもしれません。

スポンサーリンク

ランチ

ディナーは6,800円と8,900円のコース一択でいきなりいく勇気がなかったのでランチでお邪魔しました。
なお、ランチメニューは不定期(数ヶ月に一回)に変更になる予定だそうです。

Aコース 1,500円

サラダ+メイン+ドリンクのコースです。
サラダには鹿肉のテリーヌとハムが乗っています。
美味しいちゃんとしたサラダです。

放牧豚のブランケットでした。
わかりやすく言うと、豚肉のシチューですね。
豚肉はエレゾ社で飼育している豚肉だそうで、すごく美味しいです。
スネ肉なのですが、柔らかくて、豚肉とは思えない味でした。実際食べていて何肉なんだろうという感じです。
これが1500円でランチというのは面白い体験だと思います。

チーズを別途付けてもらいました。

食後は飲み物がつきます。コーヒー、紅茶、ハーブティー、烏龍茶、エスプレッソが選べます。

Bコース 2,500円

前菜+メイン+デザート+ドリンクのコースです。
Aコースとは前菜が違いました。
しっかりとハムとテリーヌが楽しめる形式になっています。

美味しいです。先入観なく食べればジビエっぽさは私は感じませんでした。
ランチの味じゃないですね。

めっちゃ柔らかい鹿肉です。
美味しい。
繰り返しになりますが、これはもうランチじゃないです笑

フォカッチャ風味のパンで美味しいです。

牛乳プリンです。
エレゾの近くにある牧場の牛乳を仕入れて使っているとか。
レモングラスの風味がついていてとっても美味しかったです。
牛乳プリンかと油断していました笑

最後は飲み物がつきます。

カトラリーレスト

カトラリーを置くものですが、鹿の角から店員さんが手作りしたものだそうです。
そのため、同じ形はなくて全部違ったものとなっています。

こんな感じで先の尖ったもの、ツルツルのもの、ゴツゴツしたものと色々あります。
お店に行ったら是非注目してみてください。

店内様子

狼のロゴは今は絶滅した蝦夷狼だそうです。
狼がいなくなり鹿が増えすぎて、エレゾは狼の代わりとなるという意味を込めているそうです。

ブルーを基調とした店内でお洒落です。

鹿かと思ったら牛でした笑

店舗情報

ELEZO GATE
エレゾゲート
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 3F 虎ノ門横丁
080-7505-2929
ELEZO GATE | 虎ノ門ヒルズ - Toranomon Hills
渋谷・松濤の紹介制レストラン「エレゾハウス」のセカンドライン。肉質の高さをシンプルに伝える料理の数々を、よりカジュアルに体験できます。
株式会社エレゾ社 | 北海道の食肉料理人集団
株式会社ELEZO(エレゾ)社は、十勝の豊頃町大津に食肉総合ラボラトリーを建設し、生産狩猟、枝肉熟成流通、シャルキュトリ製造、レストランの4ブランド構成において食の一貫生産管理体制を構築し運営する。

コメント

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました