STARTS展は森美術館のオールスター展。このメンバーの大規模展を一気に見られるとかレアすぎる。同時開催のおいしい浮世絵展も面白そう。

未分類

3月からずーっと待ちわびていた展覧会でした。本当は3月にオープン予定だったのがコロナで延期になって、7月末のスタートです。

現代アート好きで、森美術館好きだったらマスト展覧会ですね。
これは久しぶりに年パス活用して通い詰めたいです。
個人的には、数年振りの森美術館のヒット展覧会です。

なお、最近の森美術館では恒例となりつつありますが、展示物を撮影してシェアすることが推奨されています。

日本国内だとまだ一部の試みですが、もう少しすれば当たり前になると思いますね。
ちなみに、美術展に限らず撮影をする方がじっくり見るようになるし、アウトプットを意識するとインプットに力が入るので、凄くいい試みだと思っています。
※扉絵 / 奈良 美智 / Voyage of the Moon 2006

当然撮影には注意事項があります。

本記事でも作品を掲載していますが、これらの作品は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止 4.0国際」ライセンスの下で許諾されています。
・クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
https://createvecommons.jp

スポンサーリンク

好きだなと思った作品

いちばん面白いなって思ったのは、LEE UFANさんの作品の部屋。

一面砂利が敷かれている展示スペースで、まずそれだけでも面白いし作品もいい。

LEE UFAN / 関係項 1969 / 1982 年

奈良さんの作品。
この作品は、実際はかなり大きくて、そしてぐっとくる。ずっと眺められています。

奈良 美智 / Miss Moonlight / 2020

ピンク・ボート、これはもう実物見ないとわからないですね。
写真撮っていいって言われても、写真じゃしょうがないなって思う。まあ、全部そうなんだけど、これなんかとくに。

草間彌生 ピンク・ボート 1992年

The Sunのお食事

森美術館に併設されているThe Sunはよく美術展とのコラボメニューをやっているんですが、正直いつも微妙で、、無理やりなコラボであまり美味しくなさそう、、みたいな感じなんですよね。

でも、今回は違って、おいしい浮世絵展のコラボということで、美味しそうな和食が。
The Sunで普通のこういう定食が食べられるのは貴重です。
実際は食べなかったので、美味しいかどうかはわかりませんが。。

Tokyo City Viewが貴重な光景

Tokyo City Viewがコロナの影響かわからないですが、貴重な状態です。
何にもない!そして、誰もいない!
この風景、行ったことない人からすると普通に見えるかもしれませんが、レアですよ。
森美術館のチケットで入れます。

芝生生やしてキャンプ風の座席がありました。これは贅沢。

コメント

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました