インターコンチネンタル横浜 Pier8 宿泊体験記

5.0
ホテル

とてもおすすめなホテルで、個人的にはかなりヒットな宿泊体験でした。

プライベート感、隠れ家感、静かに優雅、モダンで中性的、これぞ、令和風ホテル、という印象を持ちました。

Pier8はまだ知名度が低いホテルなのではないでしょうか。

周りの横浜出身の人に聞いてもみんな知りません。

横浜みなとみらいのインターコンチって言ったらみんな、この写真にある扇型のこのホテルを想像するんじゃないでしょうか。

私も全然知らなく、赤レンガ倉庫の方へふらふらっと散歩していたらこんな新しい建物できたんだと思ったら、それが横浜ハンマーヘッドでした。

そのハンマーヘッドの一角にひっそりとこのホテルはあります。

最初、あれ、こんなところにインターコンチ?と思って近づいてみると、ホテルマンの人がガッチリガードしていて、宿泊客以外は入れません、とお断りされてしまいました。

泊まってから知ったのですが、ホテルの入り口にカードキーがあって、日中でもそのカードキーがないとホテルに入れない仕組みです(チェックイン時やレストラン予約時はベルボーイの人に案内してもらいます)。

凄い。

カードキーがないとホテルのエントランスに入れないホテルって初めての出会いでした。

なにこの隠れ家感半端ないホテル・・

改めてみると佇まいも独特です。

その場で色々情報検索して、一目惚れしてしまいました。

そして、泊まりたいと思い、即座に予約し、今回早速宿泊してきたというわけです。

実際に宿泊したら期待通りのホテルで、そして希少な立地にある特別なホテルなんだということを理解しました。

スポンサーリンク

動画版もあります

スポンサーリンク

ハンマーヘッドについて

横浜みなとみらいは最近再開発の流れがすごく、ロープウェイができ、タワマンがバンバン建ち、巨大なAPAホテルができ、ホテルもガンガン新築され、マリン&ウォークという第二の赤レンガ倉庫みたいな施設ができ、等の赤レンガ倉庫もリニューアルオープンするという状況で、昔とは全く違う光景になっています。

そんな再開発の一環で、赤レンガ倉庫の隣のマリン&ウォークの隣、カップヌードルミュージアムの裏に横浜ハンマーヘッドという商業施設があります。

このハンマーヘッドはみなとみらいらしい施設で、海に突き出した堤防の上にある立地を生かしてとても景色が良く、堤防の先端に「ハンマーヘッド」という貨物クレーンがあって、ちょっとしたデートスポットっぽくなっています。

それにしても、みなとみらいは、ハンマーヘッド、マリン&ウォーク、赤レンガ倉庫、象の鼻パーク、大さん橋、山下公園、港が見える丘公園といい雰囲気のデートスポットがずらりと並んでいるのが凄いですね・・。

都内のベイエリアはこうならないのはなんでなんでしょうね。品川、芝浦埠頭、日の出桟橋、汐留、お台場、どれもみなとみらいのようになっていないように感じます。

これが日中のpier8のルーフトップから見たハンマーヘッドです。

これが夜の、ハンマーヘッドを下からみた写真。
いい感じに段差があって、座って夜景を楽しめます。

スポンサーリンク

特にカップルにおすすめ

立地、雰囲気、プライベート感からカップル向けのホテルだと思いました。

実際、カップルの利用が多く感じます。

逆に家族連れは少ない印象で、ホテルのサービスもあまり子供向けのものは少ない印象です。

カップルは若いカップルももちろんですが、年配のカップル(夫婦)のお客さんも多い印象でした。

スポンサーリンク

名前の由来について

このホテルは「新港ふ頭8号岸壁」にあって、「Pier(埠頭)8」となっています。

この名前の付け方も令和っぽいと思いませんか?

おしゃれなカフェの名前の付け方だなと思います。

スポンサーリンク

クラブラウンジの感想レポートもあります

クラブラウンジが特におすすめのホテルだと思います。

ボリュームタップリなので別記事にしてあります。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

エントランス

エントランスに入ると、このホテルの象徴的な存在である回転階段がお出迎えです。

写真以上に実物は神秘的な空気感を出しています。

上から見た様子です。
もちろん、エレベーターで上がることもできます。

階段を上がると少しだけロビーがあります。

ロビーの反対側にはレストランがあります。
朝食はここで摂ることになります(クラブラウンジは別)。

ロビーから外にできることができ、ハンマーヘッドの2Fの展望スペースとなります。

当然宿泊者専用エリアとなっていて、綺麗な景色が楽しめますよ。

マリン&ウォークがよく見えます。

ただ、天気がいいと日差しが強くて結構眩しかったです笑

ルーフトップと中庭

宿泊者限定で屋上に上がれます。

とても気持ちがいいです。

1859は横浜港が開港した1859年にちなんで名付けられたそうです。

ここはやっぱり夜に訪れたいところですね。

雰囲気めっちゃいいです。

椅子もあります

マリン&ウォークがよく見えます

3Fに中庭があって、お寿司屋さんがあります。このお寿司屋さんも気になります。

ホテル専用クルーズ船「ル・グラン・ブルー」

宿泊者が「無料」で乗車できるホテル専用のクルーズがあります。

このホテルならではのアクティビティだと思うので、ぜひ乗ってもらいたいです。

私が宿泊した時は以下の4便が走っていました。

15:00, 16:00, 17:00, 19:30

これ、チケットは早い者勝ちなので、特に夜の便は激戦区ですので、早めにチェックインして早めに予約するのをお勧めします。

うっかりしていると乗れません。

クルーズ船の乗り場はホテルの目の前です。

この写真はクルーズ船が到着しているところです。

19時30分の便に乗りました。

当日はクラブラウンジで宿泊していたので、タイムスケジュールがとてもシビアです。

分単位の時間管理が求められます笑

クルーズ船はデッキに出ることができて迫力満点です。

横浜ってこんなに光っていたかなと思うくらい光り輝いていました。

ベイタワーもこんなに光っていましたっけ。

大桟橋の先端を見ることができます。

海側からしか見えないので貴重だそうです。

クルーズ船からみたハンマーヘッド&peir8

クルーズ船は橋をくぐってみなとみらいの内側に入っていきます

コスモワールドの内側から見る景色も綺麗です

元祖インターコンチの先端には女神像がいるそうです。

ところで、この日はたまたま花火イベントの日で、船の上から花火を見ることができました。

全く知らなかったのでサプライズで盛り上がりました!
※横浜シークレット花火、とかで検索してみるとわかるかも。

2ベッド クラブ クラシック みなとみらいビュー

「ハーバービュー」と「みなとみらいビュー」がありますが、個人的にはみなとみらいビュー(観覧車が見える方)の方が好みです。

実際現地に行ってもそう思いました。

理由として、ハーバービューの方はクラブランジはエントランス、ルーフトップで見える景色なんですよね。

あと、観覧車見えた方が綺麗かな、と。

部屋の中は、お風呂を中心としたつくりなのが印象的でした。

後述しますがお風呂が丸見えです笑

反対方面です。

ベーシックで綺麗なつくりです。テレビの大きさも十分。

奥に見えるクローゼットのデザインがベッドのデザインと一緒です。

ベッドヘッドのデザインに注目です。

これ、洋服用のクローゼットかと思って開けたら・・

コーヒー等の収納でした・・!

フォションホテルのグルメバーみたいだと思いました。

一見すごく豪華そうなんですが、よく見ると普通のものが並んでいるだけです笑

コーヒーマシンがネスプレッソじゃないのが国内のホテルでは珍しいと思います。

奥にある小菓子です。

3色最中でした。

マグカップがありません。

右手に見えるのはエスプレッソカップです。
ガチでエスプレッソを飲ませる気満々のラインナップです。

飲み物。

電気ケトル

電気ケトルはバリュミューダ。

飲み物は一部無料です。

ソファ

このソファ、ソファベッドになります

この部屋で一番気になったのは、時計がアナログ時計で、bluetoothスピーカーがないことです。

スピーカー欲しいですね、、。

窓からの景色は流石の一言。

晴れると海が綺麗です。

目の前が海なので、あたかも海の上のホテルな感じがします。

これはとても気持ちいです。

窓を開けると海風がすぅーっと入ってくるんですね。

ところで、お風呂の窓はスケスケなんですが

スイッチを押すと白く曇る仕組みです・・!笑

お風呂全景

シャンプー類です

据え置き用の大きなボトルでした。

シャワーは上下2Wayタイプ

洗面台です

この丸い輪っかの電気が印象的で、いろんな部屋の窓辺にこの円形が映っていて綺麗です

石鹸は固形石鹸です。

ガラスにあるのはバスソルトです。

なぜかこっちにはボディーソープ。これで手を洗うということなのか・・。

基本アメニティ一式

ドライヤー

ほぼこれ系のホテルはパナソニックのドライヤーですね。

ホテルができた時の製造年です。ま、ドライヤー壊れないので。

クローゼット

スリッパと靴磨きがあります

パジャマ

なお、子供用のパジャマはありませんでした。受付に頼んでもそもそもホテルにないそうです。

アイロンがありました

ランドリー

illyのエスプレッソマシン。

使い慣れていないので、使い方がわかりません笑

水どこに入れるんだろうと思ったら、下部でした。

ネスプレッソはここの部分は排水エリアなのでどうしても違和感を感じてしまいます汗

カプセルはこんなのなんだぁという印象。

ネスプレッソとは随分違いますね。

早速抽出します。

結構振動したので、カップを抑えていないと危ない感じでした。

クラッシュアイスをいただきました。

クラッシュアイスをグラスに入れ、エスプレッソを入れ、下のコンビニで買ってきた牛乳を入れてラテにしました笑

客室アメニティ一覧です。

枕がやたらと充実しています。

携帯充電器も貸してもらえるようです。

なお、テレビですが、スマートテレビになっていて、自身のアカウントを持っていれば、Netflix、アマプラ、Huluを観ることができます。

なお、飛行機のようにホテル側が用意しているVODコンテンツもあって、洋画、邦画、アニメ、バラエティが観られます。

コンテンツは随時更新されていくと思うのでその時々だと思いますが、この時はボスベイビーやパウパトロールが入っていて子供が楽しんで見ることができました。

実際問題クラブラウンジで泊まっているとそんなの観ている暇無いんですけどね・・。

女性向け基礎化粧品はミキモトでした。

ちょっと試供品っぽい感じなのは少し残念。

テレビに繋ぐ、HDMI端子がちゃんとありました。

トイレです

トイレ反対側

ジム(フィットネスセンター)

このホテルで唯一残念だったのが、フィットネスで、なんと有酸素マシンしかありませんでした・・。

筋トレマシンゼロです。。

割り切りすぎ・・。

ホテル下のコンビニ(セブンイレブン)

ハンマーヘッドの1F、つまりホテルをでてすぐのところにセブンイレブンがあるんですが、これが便利です。

意外と高級ホテルの側にコンビニがあることって少ない気がしますがどうですか?

そして、このセブンイレブン、お酒が超充実しています。体感、普通のコンビニの3倍くらいあります。クラフトビールとかそんな感じの特殊ビールが充実しています。

これは、ホテル宿泊客相手にお酒たくさん飲んでねってことなんだろうか、、と思ってしまいました笑

ということで、このコンビニはとても便利なので要チェックです。

宿泊予約

私は一休から予約しました!

一休

【インターコンチネンタル横浜Pier 8】の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
インターコンチネンタル横浜Pier 8 2019年10月31日開業の国際ブランドホテル。埠頭に位置する優雅なプライベート空間で特別なご滞在を。

じゃらん

インターコンチネンタル横浜Pier 8 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
埠頭に位置する優雅なプライベート空間/じゃらんならお得な期間限定プランや直前割引情報が満載。当日/直前のオンライン予約もOK。インターコンチネンタル横浜Pier 8の宿泊予約は国内最大級の旅行情報サイト<じゃらん>

るるぶ

https://www.rurubu.travel/hotel/japan/yokohama/intercontinental-yokohama-pier-8

Yahooトラベル

インターコンチネンタル横浜Pier 8 -宿泊予約なら
【いつでも誰でも最大10%お得キャンペーン!】 インターコンチネンタル横浜Pier 8を予約するならYahoo!トラベル!2019年10月31日開業の国際ブランドホテル。埠頭に位置する優雅なプライベート空間で特別なご滞在を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました